PUBLICATIONS

2021

[ 原著論文 ]

  1. Tsuyoshi Aketo, Kentaro Waga, Yusuke Yabu, Yoshiaki Maeda, Tomoko Yoshino, Akiko Hanada, Koki Sano, Takashi Kamiya, Hiroyuki Takano and Tsuyoshi Tanaka (2021). Algal biomass production by phosphorus recovery and recycling from wastewater using amorphous calcium silicate hydrates, Bioresource Technology, 2021(340).

[ 総説・著書 ]

  1. Coming soon

[ 講演・学会発表 ]

2021年2月20日

有機農業技術者会議2021

〇市橋 泰範
・新たな農法技術開発への期待

2021年3月17日

日本生態学会第68回全国大会

〇市橋 泰範
・マルチオミクス解析による農業生態系のデジタル化

2021年4月22日

PhenoRob

〇竹山春子
・The platform for sustainable farming by environmental control by utilizing microbial functions

2021年3月31日

「農業の持続的生産とスマート農業」研究会

〇市橋 泰範
・マルチオミクス解析による農業生態系のデジタル化

2021年3月31日

「農業の持続的生産とスマート農業」研究会

〇二瓶直登
・土壌有機態窒素の作物生育への影響

2021年3月31日

「農業の持続的生産とスマート農業」研究会

〇篠崎聡
・持続可能な農業における微生物資材とビジネスについて

2021年4月27日

第3回センサ&IoTセミナー センサ&IoTコンソーシアム

〇市橋泰範
・マルチオミクス解析による農業生態系のデジタル化

2021年4月21日

Laser Solutions for Space and the Earth 2021

〇竹山春子
・Open the door into the microbial world by single-cell analysis

2021年7月3日

日本作物学会東北支部 第64回講演会

〇二瓶直登,市橋泰範
・ダイズ栽培における施肥処理による測定項目への影響

2021年7月2日

令和3年度AOIフォーラム会員総会

〇山田クリス孝介
・"AOI機構の取組紹介国プロジェクトへの参画"

2021年8月23日

日本農業気象学会2021年東北支部大会

〇二瓶直登
・作物-土壌-微生物のマルチオミクス解析を用いた 農業環境エンジニアリングシステムについて

[ その他]

  1. Coming soon